支援サービス

CSTでは在日米軍の工事を行う日本の業者様向けの工程作成支援サービスを実施しています。

近年、在日米軍が日本の業者に工事を発注する際に、Oracle Primavera P6を使用した出来高払いの請求を要求するようになってきています。
すなわち、Oracle Primavera P6を正しく使用できていない場合、工事代金の請求を在日米軍へできないということになります。また、米軍の支払い管理と連携させるため、Oracle Primavera P6の使用方法が米軍より業者に指定されることが殆どです。CSTではPrimavera P6の販売代理店および導入支援の15年の経験を活かし、日本国内の米軍向け工事を受注した企業様向けのOracle Primavera P6の環境の提供や米軍向けのスケジュール作成に特化したサービスを提供しています。

 

工程作成要領書解説

米軍向けの工程作成要領書を弊社が確認し解説を致します!要領書にはOracle Primavera P6の機能や用語が記載されていることがほとんどです。工程を作成する上で考慮しなくてはいけない内容や、あらかじめ設定しておくべき内容を弊社が工程作成要領を確認し解説いたします。


貴社向け操作マニュアル作成

貴社のスケジュール作成担当者の方がOracle Primavera P6を操作し、データを更新できるようにOracle Primavera P6の操作手順をマニュアルにまとめます。


当初計画(ベースライン)の作成支援

米軍工事の工程はCPM(クリティカル・パス・メソッド)に基づいた工程を作成する必要があります。CPMに則った工程が作成されていない場合、工程表として承認されず、対米軍の請求データとして認められません。このサービスでは米軍請求データの元となる当初計画データの作成を支援いたします。


米軍対応カスタマイズトレーニング

弊社の標準定型トレーニングの内容に加え、米軍向けの工程作成にあたって注意するポイントを加味した説明や、工程作成時のコツを実機を利用して実施します。

 

  • CSTでは、米軍向け工事を複数受注している業者様や、工事期間を通して継続的な工程作成・更新の支援をご希望の業者様向けに、通年サポートをご提供する「年間支援サービス」も承っております。
  • 年間費用のみであらかじめ米軍工事プロジェクト向けに必要な初期設定済のOracle Primavera P6がご利用いただける「Oracle Primavera P6環境お任せ」サービスもご用意しております。

*米軍工事向け「Oracle Primavera P6環境お任せサービス」は弊社のクラウド環境 CST PROJECT CLOUDTM を利用したサービスです。ご利用にはインターネットへ接続できる環境が必要です。

支援サービスの詳細とお問い合わせについてはこちら

(当社支援サービス紹介ページへ遷移します)

 

 

© 2018 千代田システムテクノロジーズ株式会社 | Chiyoda System Technologies. All Rights Reserved.